Hikoshi Sugioka Official BLOG

  1. Bar

Bar オーパ 銀座

Bar オーパ銀座店

昨夜、ある上場企業の社長と銀座でお食事。お別れしたのが、10:30をまわったところ。まだ帰るのにはちと早い。そこで、最近の知恵袋「洋酒の錬金術師Mバーテンダー」にオススメのお店を聞く。す「今、銀座なんだけど、なんかいいとこない?」、M「それなら、オーパに行くべし行くべし。そこで、ミスタードンをのむべしのむべし」と渾身のレコメンデーション。そこまで言うのならと、いきました。

よかったです。僕にあってる。釣好きだし。

低くもなく、高くもない「敷居」で、Mバーテンダーによると、マスターは非常に著名な伝説のバーテンダー大槻氏。いらっしゃるお客さんは、非常にラフな方が多く、また電話して場所を確認して行ったのですが、そのときに名前を確認され、入ったときは、「いらっしゃいマセッ! スギオカさん!」と新宿野郎寿司を思わせるWelcomeぶり。

お店の名前からもわかるように、文豪開高健をご心酔されているようで、壁には数点、開高さんのかっこいいお写真。

ミスタードンを注文したのですが、僕の説明の仕方が悪かったのか、そのときはなく、代わりに最近はまっていることと、開高氏をしのんで「アラスカ」と「ARDBEG
17年」を注文しました。うまいっ!最高!ぼんびあ!

●アラスカ
1920年、ロンドンのザ・サヴォイ・ホテルの名バーテンダー、ハリー・クラドック氏が考案したもので、アメリカのバーで武者修行をしていたときにこのレシピがひらめいたという。アラスカの氷原をイメージした、涼しげなカクテルです。ここのアラスカも氷原がふわりふわりと涼しげに浮いていました。

●ARDBEG 17年
アードベッグ蒸溜所オフィシャルの17年物。穏やかなピート香を持ち、絶妙のバラ ンスが楽します。緑がかった金色。塩辛く海藻とタール様の香りには微かに硫黄の印象と説明を読みましたが、Mバーテンダー曰く「歯医者の味」に同感。
ardbeg17

  • コメント: 2

Barの最近記事

  1. The Bar 草間 GINZA

  2. 麻辣火鍋専門店 A記

  3. Bar 侍

  4. D4TOKYO汐留 Japanese Restaurant すみれ家

  5. 大阪 みやこ 新梅田食堂街

関連記事

コメント

    • きざきです。
    • 2005年 7月 25日

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ、始められたようですね。
    サイトを拝見しておりましたら、見つけてしまいました(笑)
    バーがお好きとは存じ上げておりませんでした。
    実は、私、学生時代に渋谷でバーテンダーだったのです(笑)。
    今でも、渋谷のバーは同期のバーテンダーとかいて、なかなか詳しいのです。
    本社も渋谷に移転されたことですし、機会がありましたら、ご案内いたします!

  1. SECRET: 0
    PASS:
    あああああ、きざきさん、こんにちは!!ご無沙汰して恐縮です!きざきさん、バーテンダーだったんですか??えええ??驚き!!最近はまってるんです。Bar。今度一緒に行きましょう、ってか、つれてってください、いろいろ教えてください。ではでは!!よろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP