コンテンツマーケティング

杉岡彦士のBLOG

Twitterの”リスト”を使って、フォロワーを分類し、行動パターンを注視する

Posted on Jul 26, 2013 in Twitter |

to-do-list-707753


Facebookが頻繁に話題になる昨今。
自分の含めFacebookの滞在時間も大幅に増え、更に目にする情報に反応することもしばしば。

しかし、弊社のお客様を見ると、Facebookの配信よりも、Twitterの配信の方が、反応率が高いる場合がよく見受けられます。
特に、地域性や取り扱っている商品・サービスなどを見ると、Twitterに力を入れた方がいいだろうなぁと思うことがしばしばあります。
再度、Twitterに少しフォーカスを当ててみましょう。




■Twitter リスト機能とは?
ご存知のようにTwitterは、140文字の制限があり、表現しづらい、写真によるファーストインパクトが得られない、匿名性が比較的高い(炎上しやすいのではないか?)、本当に人が反応しているのかどうかわからない、
などの理由から、比較的運用を見合わせている企業様も多いようです。
Twitterでのマーケティングを見直すためにも、今一度、フォロワーの「動向」を注視する事から始められてはいかがですか?

「ドカドカ、雨のように降ってくるツィートを見たって、何もわからないよ。」

との声が聞こえてきそうですが、まずは、Twitterの機能である「リスト」を見てみましょう。

これです。
twitter

あまりなじみはないようですが、いわゆる「ブックマーク」の概念で、指定したアカウントのツィートだけを取り込んでくれます。
Twitterの機能と言えば、ハッシュタグに目を奪われがちですが、案外、Twitter側も力を入れていて、先日リストの件数を20→1000まで作れるように引き上げました。


■まずはTwitterリストを使って「分類」してみる。
みなさんの個人アカウントや公式アカウントで、おそらくたくさんのアカウントに「フォロー」していたり、されていると思います。

その方々(あるいは企業アカウント)を、今一度よく見てください。
いくつかの分野に分類できると思います。

例えば、私がブログを書こうと思って、何を書こうかなぁ、と考えるとき、メールマガジンやTwitterやFacebook、OKwaveなんかをちらちら見ていき、ヒントを探します。
Twitterだけに限れば、タイムラインをいちいち全部見ていくことは非常に散漫になり、逆にわからなくなってしまいます。
しかし、探す時に、自分なりにある特定の分野にリスト化した人々や企業のツィートを見ていると、困っていることや、話題になっていること、はやっていることがすぐに頭に入ってきます
そのリストは、公開もできるし非公開にお出来ます。
公開すれば、他のユーザーの助けになることもよくあります。

リスト作成の例:
・従業員
・同僚
・影響力のある人
・業界の専門家
・お客様
・競合企業をフォローしているお客様

など、分けてみてください。

HubSpotが公開しているリスト例があります。よろしければご参照ください。
https://twitter.com/HubSpot/lists

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、同社はアメリカ有数のインバウンドマーケティング企業です。
彼らのリストの中に、彼らのお客様リストや、業界のリーダー的人物のリスト等を公開し、彼らのマーケティングに役立てています。
と同時に、同じような思考を持つ個人や団体も使い勝手のあるリストになるわけです。
日本でもこのような公開されている「リスト」があります。
お探しいただければ、非常に役立ちます。




■Twitteリストを使って、ユーザーをトラッキングする

お客様のTwitterアカウントを分類してみましょう。

例えば、
・住んでいる地域別
・提供しているサービス別
・嗜好別

なんかが挙げられます(ちょっと難しいですけどね)。
これを元に、リスト化した人がどんなことをつぶやいているのか、どんな物に興味があるのかなど、Twitter運用戦略を立てるのに有用な情報が入ってくると思います。


さらに、Twitterだけに限らず、Facebookやブログ、youtubeなどの突っ込んだ情報、
例えば、
・世界中のTweetから、自分の会社や商品がどうつぶやかれているのか、
・日々どのくらいRTされているのか?それがポジティブなのかネガティブなのか?
・Twtterから一日どれほど自社サイトに訪れているのか?
・個別の記事は何人の方にかくさんされているのか?

など、把握して、細かな戦略立案、運用をお考えの方は、弊社開発のSNS運用マネジメントツールCLOUDPLAYがございます。
cloudplay

ご興味ございましたら、ご一報くださいませ。
追って資料をスタッフよりお送りさせていただきます。
http://www.cloudplay.jp/

お気軽にお申し付けくださいませ。

参考文献:
Jess Glynn
Segmenting and Tracking your Audience Using Twitter Lists
http://www.impactbnd.com/segmenting-and-tracking-your-audience-using-twitter-lists/