コンテンツマーケティング

杉岡彦士のBLOG

The paid & organic report リスティング効果とオーガニックの効果が一目で解るようになります。

Posted on Aug 23, 2013 in Google |

img_googlead










アメリカ太平洋時間 2013年8月22日 Google Adwrds official blogにて、
アドワーズ(Google Adwords)上において、リスティング広告(検索連動型広告)とオーガニックワード(自然検索結果)の関連性を表示するレポート、”The paid & organic report“を供給すると発表しました。
http://adwords.blogspot.jp/2013/08/analyze-and-optimize-your-search.html

Googleは、Google Analytics、ウェブマスターツール上の検索クエリ(search queries: 実際に検索する単語や複数語)、アドワーズの検索キーワードやインプレッションのレポートを供給してきましたが、それに加えての新しいツール。
「SEOに重点を置くべきか、リスティング広告に重点を置くべきか。」お悩みに方々も多かったと思いますが、それを解決してくれるツールになるようです。

これまでは、多くのツールでは、リスティング広告とオーガニックのレポートはバラバラで、オーバーラップしているユーザーの行動がわかりづらくなっていました。
これを解決してくれるようです。
つまり、あるキーワードの検索結果において、リスティング広告かオーガニックかそれら両方を用いている(自然検索結果に上位表示していて、且つ、リスティング広告も表示されている。)時に、それらのパフォーマンスがどうなっているのかがわかるようになっています。
po_final


これらを用いれば、下記の判断材料になるはずです。

広告効果の期待できる潜在キーワード: 自然検索で上位表示をしていて、リスティング広告に出していないキーワードでパフォーマンスの期待できる潜在キーワードがわかります。

・高価値を持つキーワードの最適化:現状のリスティングキーワードを改善していったり、オーガニックキーワードでの価値を高める(SEO効果が期待できる)キーワードがわかります。

・全体変化の把握:ウェブサイトのリニュアルや、アドワーズの予算やキーワードん、入札価格の変更、SEOキーワードの変更等を行った時のビフォー・アフターが、リスティング広告の観点から、オーガニックの観点から、または両方の観点からのインパクトがわかるようになります。


下記は、IMPAQTのコメントです。
-----------------------------------—-
The paid & organic report has been incredibly useful in understanding the interaction between paid and organic search, and the overall synergy when they are working together. For one of our client’s key branded queries, we saw an 18% increase in CTR when paid and organic work together, as opposed to only having the organic listing.
-----------------------------------—-

■開始方法
まず、アドワーズアカウントとウェブマスターツールをリンクさせる必要があります。
ウェブマスターツール上で、サイトオーナーである事の認証と、アクセス権限の問題からです。
アドワーズアカウントから設定するのが比較的簡単なようです。
リスティング広告を使用していないユーザーであっても、オーガニックレベルのレポートは出せます。
詳しくは、ヘルプセンターをご覧ください。日本語で書かれています。>>>>>>>こちらをクリック 


私にとっても、非常に、興味あるレポートです。
実際にまだ拝見していないのですが、弊社のCLOUDPLAYでも非常に似たレポートを出しています。
価値あるキーワードを探す、キーワードに価値を見出す、
事は、10年前より、弊社のSEO事業戦略の一つでもありました。
グーグルアナリティクス解析機能はこちら>>>>>クリック


お手すきの時にでもご覧くださいませ。

それでは、激しい週末を!