コンテンツマーケティング

杉岡彦士のBLOG

Google Analyticsのデータが消失します!2018年5月25日までに対応してください。

Posted on Apr 26, 2018 in コンテンツマーケティング, Google, ツール |


GA(Google Analytics)をお使いのウェブマスターの方であればお気づきの方もいらっしゃると思いますが、英文のメールなので、ごみ箱域になさっている方も多いかと思います。
今一度、「[Action Required] Important updates on Google Analytics Data Retention and the General Data Protection Regulation (GDPR)」のタイトルのメールがとどいてないかどうかお調べください。

原文は以下
————————————————

Dear Google Analytics Administrator,
Over the past year we’ve shared how we are preparing to meet the requirements of the GDPR, the new data protection law coming into force on May 25, 2018. Today we are sharing more about important product changes that may impact your Google Analytics data, and other updates in preparation for the GDPR. This e-mail requires your attention and action even if your users are not based in the European Economic Area (EEA).

Product Updates

Today we introduced granular data retention controls that allow you to manage how long your user and event data is held on our servers. Starting May 25, 2018, user and event data will be retained according to these settings; Google Analytics will automatically delete user and event data that is older than the retention period you select. Note that these settings will not affect reports based on aggregated data.

Action: Please review these data retention settings and modify as needed.

Before May 25, we will also introduce a new user deletion tool that allows you to manage the deletion of all data associated with an individual user (e.g. site visitor) from your Google Analytics and/or Analytics 360 properties. This new automated tool will work based on any of the common identifiers sent to Analytics Client ID (i.e. standard Google Analytics first party cookie), User ID (if enabled), or App Instance ID (if using Google Analytics for Firebase). Details will be available on our Developers site shortly.

As always, we remain committed to providing ways to safeguard your data. Google Analytics and Analytics 360 will continue to offer a number of other features and policies around data collection, use, and retention to assist you in safeguarding your data. For example, features for customizable cookie settings, privacy controls, data sharing settings, data deletion on account termination, and IP anonymization may prove useful as you evaluate the impact of the GDPR for your company’s unique situation and Analytics implementation.

Contract And User Consent Related Updates

Contract changes
Google has been rolling out updates to our contractual terms for many products since last August, reflecting Google’s status as either data processor or data controller under the new law (see full classification of our Ads products). The new GDPR terms will supplement your current contract with Google and will come into force on May 25, 2018.
In both Google Analytics and Analytics 360, Google operates as a processor of personal data that is handled in the service.
For Google Analytics clients based outside the EEA and all Analytics 360 customers, updated data processing terms are available for your review/acceptance in your accounts (Admin ➝ Account Settings).
For Google Analytics clients based in the EEA, updated data processing terms have already been included in your terms.
If you don’t contract with Google for your use of our measurement products, you should seek advice from the parties with whom you contract.

Updated EU User Consent Policy

Per our advertising features policy, both Google Analytics and Analytics 360 customers using advertising features must comply with Google’s EU User Consent Policy. Google’s EU User Consent Policy is being updated to reflect new legal requirements of the GDPR. It sets out your responsibilities for making disclosures to, and obtaining consent from, end users of your sites and apps in the EEA.

Action: Even if you are not based in the EEA, please consider together with your legal department or advisors, whether your business will be in scope of the GDPR when using Google Analytics and Analytics 360 and review/accept the updated data processing terms as well as define your path for compliance with the EU User Consent Policy.

Find Out More

You can refer to privacy.google.com/businesses to learn more about Google’s data privacy policies and approach, as well as view our data processing terms.
We will continue to share further information on our plans in the coming weeks and will update relevant developer and help center documentation where necessary.
Thanks,

The Google Analytics Team
————————————————
要約すると、過去のデータは消失する事、その開始期日が明記されています。
EUの一般データ保護規則(GDPR:wikipedia)が施行されることから、Googleがこれに準ずる決定をした事が要因です。

しかし、データの保持対象期間は、アナリティクスユーザー自身が決めることができるので、「大変だぁ」にはなりません。
期日の2018年5月25日までに設定を完了してください。
「期間無制限」もございますので、今までと変わりありません。

以下、日本文です
————————————————
Google Analytics アドミニストレーターの皆様へ。
この1年間、Googleは、GDPR(2018年5月25日に施行されるデータ保護法)の要件を満たすためにどう準備を進めているかを、お伝えしてきました。今日は、お客様のGoogle Analyticsデータに影響を与える可能性のある重要な製品変更、およびDGPRに備えたその他アップデートについて、さらにお伝えします。本メールは、お客様のユーザーがEEA(欧州経済地域)を本拠としていない場合でも、お客様の注意と行動を必要とします。

製品アップデート

本日、Googleは、お客様のユーザーやイベントのデータがGoogleのサーバーに保持される期間をお客様が管理できる、グラニュラー・データ保持コントロールを導入しました。2018年5月25日より、ユーザーとイベントのデータは、この設定に従って保持されます。Google Analyticsは、お客様が選択した保持期間よりも古いユーザーやイベントのデータを自動的に削除します。これらの設定は、集計したデータに基づいたレポートには影響を及ぼしません。

行動:このデータ保持設定を確認して、必要であれば修正してください。

5月25日までに、Googleは、お客様が、お客様のGoogle Analyticsおよび/もしくはAnalytic 360プロパティからの、個人ユーザー(例:サイトの訪問者)に関連するすべてのデータの削除の管理をできる新しいユーザー削除ツールを導入する予定です。この自動化された新ツールは、Analytics Client ID (つまり、標準的なGoogle Analytics ファーストパーティーcookie)、ユーザーID (有効化されている場合)、アプリ・インスタンスID (Firebase 向け Google Analyticsをお使いの場合)に送られる共通の識別子に基づいて機能します。詳細は、近日中に、当社のサイトで発表します。
いつものように、Googleは、お客様のデータの保護方法を提供することに尽力します。Google Analytics とAnalytics 360は、データの収集、使用、保持に関する数々のその他の機能やポリシーを提供し続け、お客様のデータ保護を支援します。例えば、cookieの設定、プライバシー設定、データ共有設定、アカウント停止に伴うデータ削除、IP匿名化をカスタマイズする機能が有用であることが、お客様の会社独自の状況とAnalyticsのインプルメンテーションに対するGDPRの影響をお客様が分析するときにわかるでしょう。

契約およびユーザー同意関連のアップデート

契約の変更

Googleは、GDPRに基づくデータプロセッサまたはデータコントローラとしてのGoogleの立ち位置を反映して、昨年8月より、多くの製品について、契約状況のアップデートを発表しています(Googleの広告商品の完全な分類をご覧ください)。新しいGDPR条項は、Googleとお客様との現在の契約を補うものであり、2018年5月25日から効力を発します。
Google Analytics とAnalytics 360の両方において、Googleは、取り扱う個人データのプロセサーの役割を務めます。
欧州経済地域外を本拠とするGoogle Analytics クライアント、および、すべてのAnalytics 360カスタマー向けに、アップデータされたデータプロセッシング条項が、お客様のアカウント(アドミン→アカウント設定)で、閲覧/承諾できます。
欧州経済地域外を本拠とするGoogle Analyticsクライアント向けに、アップデートされたデータプロセッシング条項は、すでにお客様の条項に含められています。
Googleの測定製品のお客様による使用について、お客様がGoogleと契約していない場合は、お客様が契約を結んでいる関係者からアドバイスを受けてください。

アップデートされたEUユーザー同意方針

広告機能方針について、広告機能を使っているGoogle Analyticsカスタマー およびAnalytics 360 カスタマーは、GoogleのEUユーザー同意方針に従わなければなりません。GoogleのEUユーザー同意方針は、GDPRの新しい法的要件を反映させて更新されています。GoogleのEUユーザー同意方針は、欧州経済地域における、お客様のサイトとアプリのエンドユーザーに対する情報開示、および、かかるエンドユーザーからの同意を得ることをお客様の責任として定めています。

行動:お客様が欧州経済地域に本拠を置かない場合でも、Google Analytics および Analytics 360を使用する場合、お客様の事業がGDPRの適用範囲であるかどうかを、お客様の法務部またはアドバイザーと協議し、アップデートされたデートプロセッシンググ条項を閲覧/受諾し、EUユーザー同意方針に従うお客様の道筋を決めてください。
Googleのデータプライバシー方針とアプローチについての詳細や、Googleのデータプロセッシング条項については、privacy.google.com/businesses
をご参照ください。
Googleは、今後数週間、Googleの計画についてのさらなる情報をお伝えし続け、必要に応じ、関連するデベロパーやヘルプセンターのドキュメンテーションをアップデートします。

よろしくお願いいたします。

Google Analyticsチーム
————————————————

では、その設定方法をご説明しましょう。

Google Analyticsの該当アカウントにログインし、
以下の方法で設定してみてください。

1.Google AnalyticsにLogIn
2.①設定アイコンをクリック→②「トラッキング情報」をクリック→③「データ保持」をクリックしてください。

3.④「ユーザーデータとインディペンデントデータの保持」にて、お好きな期間をお選びいただいて、⑤で「保存」を選べばOKです。こちらで「自動的に期限切れにならない」も選択できます。

設定した保存期間は、2018年5月25日に自動的に有効になります。