コンテンツマーケティング

杉岡彦士のBLOG

Google, ウェブマスターツール上で、手動によるウェブスパム対策の表示が可能に。

Posted on Aug 12, 2013 in Google |

2013年8月9日 Googleは、に”Manual Webspam Action (手動によるウェブスパム対策)”をウェブマスターツール上で公開することを公式に発表しました。
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/08/manual-actions-viewer.html

弊社も今年になって、過去の負の遺産を相談していただく機会が増えています。
特に、過去お付き合いのあったSEO業者さんより買われていた、スパムリンクについてです。
急激な順位低下が発生しているサイトがここのところ多く(パンダアップデートやペンギンアップデート)、低下した原因がわからず困り果てていらっしゃるお客様が多くなってまいりました。
この発表された機能は、多くのウェブオーナーやウェブマスターの方々が心待ちにされていらっしゃったことと思います。

Googleは、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に抵触するウェブスパムに対する手動による排除対策を行ってきました。
しかし、確認のメッセージや警告などなしに、検索順位が劇的に低下したサイトが非常に多くなっています。
多くのウェブマスターの方々は、その順位低下の原因がわからず、あちこちのBBSやブログ、SNS等で、なぜだなぜだ?と情報を取得しようと躍起になっていらっしゃるようでした。

しかし今回の発表では、ウェブマスターツールからだれでもその原因がわかるようになりました。
ウェブマスターツール画面のメニュー[検索トラフィック]→[手動による対策]から参照できます。
何も問題がなければ、「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」というメッセージが表示されます。

ぜひ、ご覧ください。

Googleはこれまで、2%以下のサイトに対して、手動によるランク低下やインデックス削除を行ってきた、と発表しています。


もし、スパムに該当するサイトであれば、「部分一致」や「完全一致」などのように表示されます。
詳細部分で「不自然なリンク」「隠しテキスト」などの表示説明がなされるようです。

ja


ご覧の画像は、ウェブマスターツールより掲示しています。
詳細で説明しているといえでも、「部分一致」や「不自然なリンク」などの表現で止まっているようなので、まだまだフラストレーションがたまるやもしれません。
が、少し前進。

ペンギンアップデート ver.2.0以降、検索順位が下がったサイトが肌感覚で多いのですが、Googleの発表によると、ペナルティーを受けたサイトは、2%以下だといっています。大多数のサイトでは、「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」との回答が出てくるのが予想されます。大多数のサイトでは、「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」との回答が出てくるのが予想されます。
であれば、まだまだ警告がwebマスターツールで今後も表示されないか、我々がまだわかっていない、品質の低い外部リンクに対する順位低下の要因がまだまだあるのかもしれません。
今後の調査課題です。

参考文献: Mohnesh Kohli

Google Introduced “Manual Webspam Action” Feature in Webmaster Tools
http://www.submitshop.com/2013/08/09/google-introduced-manual-webspam-action-feature-in-webmaster-tools