コンテンツマーケティング

杉岡彦士のBLOG

30日間の挑戦 -マーケティング活動における8つの小さな変化がインパクトを生む!! 

Posted on Jul 4, 2013 in コンテンツマーケティング |

人にとって、「続ける」という行動は実に難しい。
禁煙、ダイエット、運動、勉強。。。。。
私自身もよく「決心」をするのであるが、うまく続くものはほとんどない。
いかんとは思いつつも、楽な方へ、らくぅ~な方へと意識と行動が向いてしまいます。

GoogleのMatt Cuttsさんが、いつも何かにつけ行動するときに考えるのは、「30日間、あなたは何を続けられますか?」ということ。

“Think about something you’ve always wanted to add to your life, and try it for the next 30 days,” Cutts says. “If you really want something badly enough, you can do anything for 30 days.”
「あなたの人生の中で、いつも何か得たいと思っているその何かを考えてましょう。そして、それを30日間まず続けてみたらいかがですか?」さらにCuttsさんは「もし、何か悪いことをしてみたい とおもったら、それも30日間やってみたいかが?」とも仰っています。


従来のインターネットマーケティングの手法が大幅に変わってしまった昨今、予算編成や人員編成という大掛かりなものだけでなく、現場レベルの顧客・潜在顧客へのアプローチ手法も当然変えていかないと、有用な商売には結びつきません。
なんて、簡単に言っていますが、弊社も含め非常に難しい。なので、お客様にご理解いただくのが難しい。


ここで、海外のブログのご紹介。
現場レベルでちょっとした「変革」を目指す時の、日々の小さな「継続」が大きなインパクトに生まれ変わる、そんなTIPSをご紹介します。

インバウンドマーケターのための30日間続けるべきこと

1)毎日500単語以上の文章を書く
インバウンドマーケティング・コンテンツマーケティングの一番の要は、「文章」です。
考えることも重要ですが、「創造する」ことが一番大事。
まずは、「書く」
30日続ければ、量の問題もさることながら「質」の向上も大いに期待ができます。


2)フォトショップ(画像編集ソフト)の新しいツールを学べ
文章に次いで非常に重要なのが、「画像」「動画」
これらのあるなしによって、お客様からのFirst Attentionが大きく左右されるのは言うまでもありません。
そのために、効果的な画像処理ができるように準備することが大事です。
前述の「文章」もそうですが、例え業者に丸投げされていたとしても、これらの手順や特性を知っているか否かで、発注クォリティーも大きく変わってくることはお解りでしょう。


3)エクセルの機能を習得しよう
マーケターの方にとって大事な仕事の中に、「統計分析」があります。
インバウンドマーケティングを行うにあたって、配信した内容がどのようにとらえられ、どんな反響があったのか、きっちりと分析する必要があります。
その際に役立つのが、皆さんもよくご存じの「エクセル」。
この様々な機能を駆使すること事により、「数字から読み取れる穴」や「お客様が抱えられている言葉にならない悩み」を読み取っていき、気づかせてくれることができます。



4)お客様からご意見を伺おう!
フィールドワークという言葉がありますが、本やデータから読み取れる事象だけでは限界があり、「お客様の生の声」を聴いていくことを強くお勧めします。
机に座ってうんうんうねっているだけでは、いいものは出ませんし、市場とのずれがどうしても出てきたり、細かなニーズに対応できなくなってきます。
今一度、お客様の生の声を体に入れたうえで、デスクワークに挑むのは非常に大切な事です。
生の声に耳を傾けることによって、お客様が皆さんのサービスや商品を本当にどう使っているのか、何を元t期待しているのかが分かってくると思います。
ちなみに、Hubspot社のC.E.O. Brian Halligan 氏は、週に3人の顧客に会って話を聞いているそうです。



5)営業部隊・コールセンターの島に少し身を置いて話を聞いてみよう
4)に似た内容ですが、生の声にいちばん近い部署に、一日のうち少しの時間でいいので、座ってみればいかがでしょうか? セールス部隊から聞ける悩みやお客様の日々の温度感が伝わってくるはずです。
これにより、コンテンツクリエーションやSEOストラテジーの良いヒントになることもよくあります。



6)ソーシャルネットワークを活用してみよう
Facebookの運用ってめんどくさくって難しいですよね?煮詰まっちゃったときには、新たなツールをご覧になられては?
Pinteresst、Twitter、Linkedin、Quoraなどなど。
眺めているだけでも、同じような会社の同じような人たちが違った視点で活動されていることがちっとしたヒントになるかもしれません。



7)A/Bテストをやってみよう
皆さんのマーケティング活動の中で、ABテストを施すことはよくあることだと思いますし、その結果、徐々に良くなってきていることもお気づきでしょう。
正気の沙汰ではないかもしれないけれども、一か月のテスト結果で得られる現象はものすごい財産、インパクトになると思います。



8)毎日30分「読みましょう」
働いて、メール見て、ミーティングして、話を聞いたりしたりして、時には電話ではなしして、WEBで情報収集して。。。。。。。疲れてません??w
インプットは非常に大事。皆さんもそう思っているでしょう?
業界の話、新聞、本、今まで全く知らなかったサイトなどなど!
新しい刺激になるはずです。


今一度、ぜひ「30日間」お続けなってみてください。
僕ですか??。。。。。。

参考文献:”30-Day Challenge: 8 Little Changes to Your Marketing That’ll Make a Big Impact” Corey Eridon
http://blog.hubspot.com/30-day-challenge-to-improve-marketing?utm_source=hs_email&utm_medium=email&utm_content=9356055&_hsenc=p2ANqtz-94bKKECmzA59Q8T61cu-OE9kEq3am1PgXWJLsdOaZi5ACyGrE3v-gyIO0HgYUxkpJ2Yk8DJy6t4Oczxw0RC2Vh6EovhA&_hsmi=9356055

a0001_014547