コンテンツマーケティング

杉岡彦士のBLOG

高校野球で思うこと。

Posted on May 14, 2007 in 日々の事 |

高校野球及び高野連の話題が活況を帯びているようです。

5月3日、日本高校野球連盟は、日本学生野球憲章に反する特待制度の最終結果を発表しました。憲章違反の申告を行った学校は、高知県を除く46都道府県の計376校、特待生選手は7,971人に上りました。本日の朝のニュースでその学校の実名が発表(晒されて)いました。
日本学生野球憲章の第13条第1項は、「選手又は部員は、いかなる名義によるものであっても、他から選手又は部員であることを理由として支給され又は貸与されるものと認められる学費、生活費その他の金品を受けることができない。但し、日本学生野球協会審査室は、本憲章の趣旨に背馳しない限り、日本オリンピック委員会から支給され又は貸与されるものにつき、これを承認することができる」と定めております。

今回の発端は、プロ野球・西武の裏金問題に関与していた専大北上高で部員の特待制度が発覚したことでした。




で、なにが悪いの? なにが問題? 理解できん、ようわからん。



と思っておりました。




ここ一ヶ月程度、「あぁ、また時代遅れの人たちが己の保身でやっとるわぁ」とも思っていましたが、話が二転三転し、今回の措置緩和に到って、協会の人たちがどこまで、「僕たちがんばってますよぉん」とおっしゃっるのか、笑っちゃうのをとめられません。


今回の協会のは、
●13条1項に反している。
●学生は学業に専念すべし。アマチュアリズム。
●野球留学はだめよぉん(遠い他府県に野球だけで入学する)
ということを通して、威厳や権力や地位を守りたかったのでしょうが、今日、「文科省の大臣に怒られちゃった。お金は校長先生がOKした人たちに奨学金という名目で出していいし、謹慎した部長さんや監督さんは6月から戻ってきてOKよぉん。」と報道発表したようです。プロ野球や企業からの直接的なアプローチに関しては言及されていません。私学は企業と思うんですけど。

これで、プロ球団やその他企業が、アプローチを避ける事になれば(うまくやられるとは思いますが)、なんか、みんなの夢を壊しちゃうような気がしています。飛躍しすぎかもしれませんが、日本の国際競争力が落っこっちゃう気がします。もう、野茂や松井やイチローのような世界で活躍してくれるような野球選手がなかなかでない世の中になるんだと思います。「教育とお金は別だぁ」の発想を盾に、わけのわからん外野や野球を知らない保身丸出しのオヤジが宝のような「才能」を潰しているとしか思えません。教育に金がかかる事は皆さんご存知なのに。東大はいるだけが教育ではないのご存知のはずなのに。


みんなおわかりだと思いますが、「野球ができる」「飛んだり跳ねたりが人よりすごい」という「能力」は「平等」ではありません。ごく一部の人たちに神様が与えられたもの。その人たちが、成長するかどうかはわからないけど、「こいつはいける!」と思った周りの人たちがその能力ある人のサポートに回る。能力を最大限に伸ばす。それが、将来メジャーに行ったり、プロに行ったり、他のスポーツであればオリンピックにいったり。世界中のすごいやつらに挑戦して、勝ったり負けたりします。本人もそうですが、周囲の人たちも夢や希望に満ち溢れる瞬間がたくさん出てきます。本人たちも、周りの人たちもそこに注目します。人や関心が集まれば当然「ビジネス」が始まります。オリンピックがテレビで放映されれば、おそらくジャージやスニーカーの購買が増えるんじゃないですか? きっとオリンピックは目指さなくっても「俺も、私も」と思うお父さんやおねえさんが増えてるんだと思います。希望持っちゃう。東大入るよりも有名になってお金稼いじゃう。これは、共産主義ではなく、資本主義の世界だから当然。お金が動いちゃう。

本人にも当然大金が行くことでしょう。10代で野球を一生懸命やっている選手がみんなの期待を背負っていることを知った上で大金をねーちゃんや博打に使うなんてあまり想像できない(ごくたまにはいるかもしれません。逆に、そんなやつこそすごい面白い (^^ゞ)。しかし、「プロ」や「オリンピック」で活躍するという、誰でもできない世界にかけてみる時間を周りが投資してあげる、作ってあげる、また本人や家族たちがそのチャンスにかけてみる。本人たちにもかなりのリスクがあるはずでそれを承知しているはず。「やるやらない」は本人たちの自由。共産主義のように強制的はないんだもの。

単純に、能力のある人にもっと羽ばたいてもらいたい。特別な計らいがあるべきだし、あっていい。差があって当然だと思います。

と書いていると、僕も支離滅裂になってきちゃいました。すいません。時間がないので、このくらいで。

最後ですけれど、いろんな雑誌やHPやニュース見ましたが、女性問題運動の方々から、「男性しかできないスポーツ(甲子園球児は未だに男の子しかダメなんですって。)だから、男の人しか対象にならない奨学金ってけしからん!!」というご意見あるかなぁと思って探してたんですけど、なかったです。ちょっと支離滅裂になってきました。ごめんなさい。なれないことやめときます。呑み屋の話になってきたなぁ(^^ゞ