コンテンツマーケティング

杉岡彦士のBLOG

雷と花火

Posted on Aug 15, 2005 in 日々の事 |

あ~~~、はらへった。あともうちょいなんですが。

さっきまで、渋谷界隈では、えらい夕立withさんだー。個人的に雷好きなんですよね。なんか、花火みたいでしょう? 大半の日本の方はだいっきらいのようですが。うちの親父も嫌いでしたね。ゴロゴロ前兆が発生すると、お袋が「あんたそろそろ来るでェ」というなり、硬直状態。目が血走ります。で、テレビから蛍光灯からなぜだか全て消してまわりました。

アメリカのサンフランシスコの南の田舎町に住んでいたことがあります。その辺はめったに雷は起きないのですが、一度か二度雷の夜があリました。アメリカの気候もアメリカ人気質で、やるとなると徹底的に鳴りまくり、落ちまくります。さすがにうるさい。造作のあまりよくないアパートに住んでいたので、バリバリ、アパート中が振動します。しかし、好奇心旺盛な方が多いカリフォルニアン達!じっと家ン中になんか閉じこもりますかいやぁ。夜中中あっちこっちで、「びゅーてぃふる」だの「わんだふる」だのピーピーピーピー口笛吹くわ、拍手喝采になるわで。はじめは、雷が落ちて誰か死んだんだろうか?火事でも起こったんだろうか? と思ってましたが、次の日、友人とあうと「きのうみた?みた?みた?? きれいだったよねぇぇぇ、エキサイティングだったよねぇぇ」と彼らは、花火を見ているのと変わらない心境だったんですね。さすがの僕も、お前らの幸せのバーが低い!! と思ってしまいました。

そうそう、大学1年生のときちょこっと、山岳部にいたことがありました。そこのOBの方で、頭に雷が落ちてんだか、ピッケルに落ちたんだか忘れましたが、一時仮死状態になられたそうですが、助かって元気な人がいらっしゃいました。「熱かったなぁ」とだけ仰ってました。山の行動記録にもありましたので、本当に落ちたらしいのですが、テレビ以外でそんな人を見たのは初めてで、その後もいません。

今日は、おなかすいてるので、閑話休題で。そろそろ、なんか食ってきます。With ビールで。