コンテンツマーケティング

杉岡彦士のBLOG

五珠の算盤(そろばん)

Posted on Aug 26, 2005 in 日々の事 |

今日は、弊社パートナー企業のイノベーションさんのところにお邪魔し、サーチエンジンマーケティングセミナーで(グローバルリンクジャパンが協賛をさせていただいております。)SEO部門のお話をさせていただきました。いつもの如く、忘れ癖のある僕は、最近はやりのCool bizスタイルで、かなり開始時間前に到着しました。エレベータの前ではっとしました。要は、ネクタイを締めるのを忘れていたのです。この台風のお足元の悪い中多くの方々がお集まりいただいています。やはり、ちゃんと礼を尽くさねば! 早速近くの広尾の地元商店街をうろつきます。コンビニエンスストアーにはお葬式のネクタイはあるのですが、普通のネクタイはありません。うろうろしていると、もう何十年も前からやってらっしゃるような洋装店を発見! ナントそこにはネクタイがあるではないか!もうここしかないとばかりに入りましたが、狭い場所にたくさんの商品が並び、歩くのもままならないお店です。「すいませんーーーん!そこのネクタイいただけませんかぁぁ?」出てきたのはこのお店のご主人らしき、おばあさん。「狭くてすいませんねぇ」と出てきてくださいました。なかなかやさしそうなおばあさんです。そこで、どれにしようか迷い(アマリイイノガアリマセン スイマセン!)、結局無難なの1本選びました。「これくださいっ!」とおばあさんに渡したその台の上に、ななななんと!!ひさびさ!!懐かしいィィ!五珠のそろばんがありました。なんとなつかしい!!昔々、祖父の家で味のある木枠の五珠の算盤がありました。小学校3年か4年生のとき算盤を初めて学校で習いました(今も小学校で習うのかなぁ?)。そのときは既に四珠。休みの日、従兄弟と遊んでいる最中にその五つの珠をどういう風にして扱うのかえらく議論したことがありました。

で話戻って、おばあさんとの会話。
杉「これ、すごい懐かしいですね。まだお使いですか?」
お「私は、電卓使っても、間違ったボタンを押してしまう。使いにくい。算盤の方が使いやすくって、間違わないし、計算が速いんだよ」
杉「じゃ、割り算とか、掛け算もそろばんでできます?」
お「当たり前じゃない(笑)。やりましょうか?(誇らしげな顔)」
杉「24かける35」
お「(瞬時に)ぱちぱちぱちぱち、840」(ごめいさん!!!!)
さすがです!小学校のときは、覚えていたんでしょうが、僕は今、掛け算や割り算を算盤で計算できません。すばらしい!僕が、新人サラリーマンのとき、もし電卓を使わず算盤を使ったら「杉岡君、すごいもん使ってるねぇ」とお客様に非常なるインパクトを持ってもらえるかなぁと、チャレンジしょようとしたのですが、%を計算できなくってやめました。誰かともだちで、円周率の計算を算盤でやっていたなぁ。ブラックジャックの漫画で、算盤の天才少年が、算盤コンテストの決勝戦で、移植した腕が動かなくなって、舌で算盤を弾きだしてヒーローになった話があったなぁ。そろばん塾の帰りの道の小学生は、ベビースターラーメンとチェリオを飲んでいたなぁ。
いまや、ソロバンやそろばん塾はあまり姿を見かけませんが、残したい昔ながらの日本の文化の一つですね。

1本1000円でした。




※「ごめいさん」てどんな字ですか? 変換したら「五名産」と出ました。「御明算」?