コンテンツマーケティング

杉岡彦士のBLOG

ブログ(wordpressやMovabletype含む)のためのSEO

Posted on Aug 5, 2013 in SEO |

269













ここ数年、ワードプレス(WP)ムーバブルタイプ(MT)に代表されるCMS(content management system)によるサイト構築が非常に多くなりました。

更に、インバウンドマーケティングが脚光を浴びだした昨今、ビジネスブログの価値が見直されてきています。
当然、ブログを運用しているとどのくらいの方々ご覧になられて、どんなページが人気があるのかが非常に気になってきます。
運用されているブログの入り口は、自社サイトであったり、ソーシャルメディアであったり、ブログのランキングサイトであったり、様々だと思いますが、
やはり一番有効な潜在顧客層からのリンク元になり得るのは、検索エンジン。
ロングテールキーワードを伸ばしていく意味も含め、上記のWPやMTを使って、自社サイトドメイン下でのブログ運用を行われている企業様が非常に増えています。

ここで重要なのが、どのようにして、有効なお客様にブログを呼んでいただき、エンゲージメントを高めるか、コンバージョンを高めるか。
検索エンジンからの呼び込み、つまりSEOの概念を有効に設定することにより、御社への入口が格段に多くなっていくはずです。

今日は、ブログのSEOについて、簡単にアドバイスさせていただければと思います。

1.ページごとにユニークなタイトルを付けていますか?
ご存じなように、Googleは世界中すべてのページの「タイトル」把握し、インデックスしています。
しかし、我々が見るいくつかのブログでは、タイトルが重複していたり、意味のなさないものがあったりします。

まず、タイトルを改善しましょう。
そのためにまずは、皆さんのブログのタイトルがどうなっているのか調べてみてください。
globallinkjapan

action:
まず、Googleに行って、「site:○○○.com/blog(ブログのURL ex. site:http://blog.livedoor.jp/globallinkjapan/)」これで、「検索」ボタンをクリックすると、すべてのタイトルを見ることができます。


2.ページ毎に、ユニークなディスクリプション(説明文)を記載していますか?
上記の画像をご覧いただくと、タイトルがハイライトされいますね。
このタイトルのましたが「ディスクリプション」です。
すでに、この「ディスクリプション」は、SEOのことを考えると、あまり効果的ではありません。
しかし、皆様も同様だと思いますが、タイトルを目にした後、この説明文を読んで、有益なコンテンツかどうか、まずは判断されますよね?

action:
投稿時に、metaのdiscriptionタグ(一般に出回っているamebaやLivedoorなどのブログでは、できないことが多いですが、インストール型のMTやWPはできます。


3.ページのURLにキーワードを埋め込んでいますか?
これも、無料ブログではできないことが多いですが、ページのURLに検索をされたいキーワードを埋め込むと、Googleの検索結果順位に反映される可能性が高くなります
WPやMTでは、日本語での変換もしてくれるので、キーワードを入れ込まれることをお勧めします。
cloudplay
action:
いまいちど、皆様のブログのページごとのURLをご覧ください。
もし入っていれば、検索されたいキーワードが含まれているかどうかチェックしてみてください。
WPやMTをお使いん方であれば、変更することが可能です。
その他の場合は、開発者に聞いてみてください。
ちなみにWPであれば、管理画面の「設定」→「パーマリンク」で設定することができます。


4.ドメインランク(Domain Rank)
SEOMozツールがあります。
独自のアルゴリズムを持っていて、サイトを相対的に評価してくれます。
お手すきでしたら、Open Site Exploreというサイトがありますので、こちらをご覧になりお試しください。
sample






action:
Open Site Exploreで、皆さんのサイトと競合のサイトをお比べください。
もし、競合に比べ、domain authorityが低ければ、少しドメインオーソリティーの高いページからリンクを貼ることをお勧めします。
リンク元のオーソリティーっも調べれば、質の高いページかどうかも判断しやすくなります


5. ユニークドメインからのLinkは何本ですか?
外部リンクの効用はなくなったと聞いたことはありませんか?
これは、間違った解釈です。
外部リンクの指標が0になったわけではありません。
以前に比べて、重要度が落ちたこと、質の問題が重要視されたようになったわけで、まだまだ外部からの評価(外部リンク)はサイトの評価を高めるためには頭に置いておかなければならない事項の一つです。
もし、あなたが有名人や人気者であり、ブログを書いているならば、いろんなサイトからリンクが貼られることは想像しやすいですね。
上記画像であれば、1082本のドメインからリンクが張られていることになりますね。
ユニークリンクが増えればサイトの評価も上がります。



6.イメージ(画像)をアップした時に「タグ」を書き込んでいますか?
ブログには、画像や動画など様々なイメージコンテンツをアップすることが可能です。
その際に、お気を付けいただきたいことは、面倒に思わずに、「altタグ」「title」「画像の名前」をお書きください。
無料ブログでも、画像アップ時にこれらの情報を書くように、ダイアログボックスが出ると思います。
これらを埋めてください。
検索エンジンからの評価が高まります。


7.どのようなキーワードが効果的か
昔、皆さんがある特定のキーワードを、検索エンジン上で上位に表示させたいとき、むやみやたらとアンカーテキストにキーワードをっ盛り込んで、外部リンクを貼りまくったと思います。
が、ご存知のように、この手法は現在全く通用しません。
ざっくり申し上げると、現在のGoogleは、様々なサイトかいろんな言葉が含まれてるページでリンクを貼られることに対し、評価を与えます。
通常、作為のない状態であれば、ユーザーは自分の観点で「キーワード」を選んでリンクを貼って行きます。

Afref’sというツールがあります。
どんなワードが使われて、何パーセント使われているかを一目で確認できます。

action:
外部リンの攻勢をチェックしてみてください。
あまりにも一つのキーワードに集中しすぎるようであれば、リンクの再構成を考えるべきです。



これらは、面倒ですが、無意味な作業ではありません。
通常のSE0作業の一部です。
また、SEOから離れた視点で見ても、内容を見直すいいきっかけになります。

参考文献: Ian Cleary
7 Point SEO Checklist for your blog
http://www.razorsocial.com/seo-checklist/?awt_l=MEjUg&awt_m=3kJW9Trir6F5oiT